2018年5月10日木曜日

春の玄界灘 鉄ジグで大政を連続キャッチ! 福岡・武蔵丸 [お客様、河本 直樹様]


2018年4月。北海道から3名、関東から3名の計6名で3日間の玄界灘釣行を、昨年もお世話になった武蔵丸宮本船長に今年もお願いしました。福岡市内から出船する武蔵丸は、遠征スケジュールがいつもタイトな我々には、空港や宿からアクセスが良く、また釣りを楽しむことを重視した船で大変お勧めです。

1日目、壱岐島周囲の漁礁ポイントからスタートフィッシング。
水深100m前後、ヒラマサは産卵期のため水深50mまで浮いている状況。
ジギングから開始し、船中ファーストヒットは、玄界灘初挑戦の佐々木氏。
佐々木氏は、北海道中標津町で佐々木鉄砲釣具店を経営されており、ジギングや鉄ジグについてアドバイスを頂いてきた頼りになる店長です。



そんな佐々木氏のヒットジグは、Swim Rider 200gアルミシルバー。玄界灘でのジャークにしては、すこしゆっくり目のフラップジャークでヒットしていました。初挑戦の佐々木氏のファーストヒットで船長もメンバーも安堵していましたが、セカンドヒットも佐々木氏がとるとメンバーのジャークに気合が入ったことは言うまでもありません。

その後の釣果は、やぱり、ここは玄界灘。メンバー全員が自分の信じた様々なジグ(鉄ジグや鉛ジグ)でヒラマサを釣り上げていたましたが、過去の玄界灘の実績からメンバーの多くがSwim Birdやグローヘッドカラーを選択しサイズアップを狙っていました。





壱岐周辺の漁礁ポイントでは9割がヒラマサ、1割がブリの印象でした。
私にIron Bow 613を気持ちよく曲げる魚が自分にヒットし、上がってきた魚はブリでした。私は北海道在住であり、年間を通じ10kgオーバーのブリを狙っています。
ロッドの曲がりからブリの自己記録更新を期待しましたが、残念ながら8kgと更新できず。ヒットジグは、もちろんSwim Bird 220gグローヘッド。



その後、夕まずめが近くなる頃にミヨシにいた大林氏にヒット。
ドラグが数回出され、上がって来たのはなんと15キロのヒラマサ。



ヒットジグはSwim Rider Short 175gシルバーホロ。大林氏は、沖縄でのパヤオジギングの経験を生かし、ジグを着底させず、ヒットゾーンの水深50mまでジグを沈ませてから誘い上げる戦略で軽い175gを使用していました。狙い通りの1尾と言えるでしょう。





写真撮影を終えて、再びポイントに付け直した次の流しで、今度は堀氏に大型ヒラマサと思われる魚がヒットします。




無事ランディングへと導いた魚は、12キロのヒラマサ。
ヒットジグは、Swim Bird 220gグローヘッド。遠征の度に実力をつけてきた堀氏。今年は最初から鉄ジグを多用し見事に大政を釣り上げました。

さらに次の流しでも、昨年からメンバーに加わったA氏が8キロのヒラマサをキャッチ。



残念ながら、3連続の10キロオーバーとはならかったが、初日から最高に盛り上がり宿泊地である対馬に移動となった。


2日目は、対馬周辺のポイントに入るも残念ながら前日より海からの反応は乏しい状況。
午後から七里が曽根に移動すると、ブリが入れ食い状態で釣れるも噂通りサメがすぐに出現します。
堀氏のブリがサメの餌食となり、その直後から佐々木氏のサメファイトが始まりました。
すぐに船上に映画JAWSのテーマソングが流れだし、宮本船長の釣りを楽しむためのサービスに船内爆笑。佐々木氏のサメファイトをみんなで楽しむことが出来ました。



ヒラマサは不調に終わった2日目。
前日大政を釣った大林氏と掘氏は余裕の根魚狙いでマダイ、マハタ、オニカサゴ、ウッカリカサゴ、ホウボウなど美味しい根魚を次々にキャッチ。




青物以外にも美味しい魚が狙えることも玄界灘の魅力です。
二日目は壱岐での宿泊となり、宿では豪勢な刺身や壱岐牛のすき焼きをお腹いっぱい堪能し、食も楽しい釣り旅となりました。





3日目は、壱岐周りをキャスティングとジギングで開始。朝一からヒラマサのボイルが見られたが、我々のキャスティング能力の問題もありヒットさせるまではいかず。この日のファーストヒットはジギングから開始した堀氏で、Swim Bird220gグローヘッド。



メンバーの多くが鉄ジグで釣果を上げる中、吉田氏は鉛ジグでも多数のヒラマサをキャッチしており、玄界灘でのヒットパターンを掴んでいました。



午後には、6人全員同時ヒットするなどヒラマサが高活性となりましたが、初日を超える大政はヒットさせることはできずに3日目の釣行は終了となりました。10kgを越えるサイズは初日だけでしたが、3日間でメンバーが釣り上げたヒラマサは120匹程度と思われ、玄界灘の春マサを存分に堪能することができた釣行でした。



河本直樹のタックル
ロッド:Iron Bow IBNB-613、IBNB-575
リール:シマノ ツインパワーSW8000HG
PE4号、リーダーフロロ80lb
アクセサリー:鉄腕スプリットリング

IRONBOW製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/JIGGINGRODS/IRONBOW.html

鉄ジグ製品情報

(河本 直樹)

0 件のコメント:

コメントを投稿