2018年1月23日火曜日

12月31日~1月2日 スピンライダーディープ360gVS 種子島沖カンパチ・クエ[庵原 英晃]


静岡の庵原です。
今回の釣行は種子島海域。年末年始、4日間たっぷりスピンライダーディープ360gでテストしてきました。冬は海が荒れて出船できないことが多いので、中止に備えヒラスズキの道具まで用意しました。今回の宅急便の個数はなんと7個口(笑)。

正月の遠征なので気合い入ってます!民宿のおばちゃんに電話したら何しに来るの?引っ越し?と笑ってました。

いつも荷物が多いので、送る前、到着したころを見計らって宿には電話を入れておきます。ちなみに、いつもは4個です。

皆さんが気になるロッドの輸送ですが、前回は日通、今回は佐川急便を使ったのですが、
両方とも1万円以内で送ることができました。

ロッドケースはもちろんネイチャーボーイズ社製(セミオーダー)!
全長を190cmで指定し一番好きなオレンジ色にしました。



このロッドケースは、蓋が両方についているので、ロッドを互い違いにスペースを見ながら入れることができます。

取り出しもロッドエンドをつかんで行えるので安心です。細く見えてスローピッチ系ベイトロッドなら10本は入ります。

輸送時は手荒に扱われても丈夫なのでOKです。しかし、手荒にあつかわれてもロッドが壊れないように梱包しないとだめですよ。

ロッドがお折れたり傷ついたりガイドが取れていたり色々経験し、その都度対策して、梱包テクニックが身につきました。梱包テクニックはまたの機会に書きますね。

朝一の飛行機で鹿児島まで行き、フェリーで種子島へ向かいます。
午後1時頃から釣り開始。釣行初日は、快晴の凪! 水深130m。
潮どまり前の緩い状況。ジグはもちろん年末の忙しい中、無理言って間に合わせてもらったスピンライダーディープ360gプロト!!                    ラインはワイルドエイト4号でスタート!幸先よく小さいカンパチがヒット。カンパチは小さくても引くので楽しいですね。



その後、着底感が硬いので根魚いないかなといきなり底切りしないで着底後3回巻いて、また着底させ5回巻いて底物狙った後にカンパチ狙いしていたら、作戦通り着底3回目素早く巻いて止めた瞬間にドスンとあたり!ぐいぐい引かれ根に潜られないように強引にかわします!ワイルドエイト4号、30キロ以上の強さがありますので安心です。
そして~!!初日からクエ登場!!!


迫力ありますね。船長も喜んでました。





翌日の元旦は、初日の出に合わせて出船しました。これまたべた凪快晴!めでたい朝日が昇ってきて感動しちゃいました!
1年間、安全に楽しく釣りができますようにとお願いしました!

元旦は、写真はありませんが恵比寿鯛、真鯛がつれてめでたくスタート。カンパチは渋い状況でしたがなんとかゲット。



夕飯は民宿のおばちゃん手作り。島のエビみたいなエイリアンチックなカニ、釣ってきた魚のお寿司、ほくほくおでん美味しかったです。




残りの日にも小さいハタ、マグロなど色々釣れました。今回の種子島カンパチは魚探を見ているといい反応が出ているがヒットが単発でなかなか口を使わせるのが難しかったです。





しかし、スピンライダーディープは、鉄特有の浮遊感で、鉛と違いこういったタフコンディション時にとても有利でした。完全なバーチカルよりも糸に角度がついたときにゆっくり目のワンピッチでスライド幅を長めにしていると魚の反応が悪い時はヒットすることが多かったです。また、今回使用したフィッシングファイターズのPEライン、「エアブレイドワイルドエイト」はとても強く、頼もしい相棒が増えました。                                          

しかし、強いラインだからと言って油断せず、大物に備えてこまめにラインチェックして定期的に結び変え、針先もチェックして、いつ何時来るかもしれない大物に備えています。ぜひ、夢のある遠征にチャレンジしてはいかがでしょうか!


種子島ジギングタックル

PEライン:
FishingFighters AirBraid WildEight Vertical PE2号、3号、4号


リーダー:10号、14号、18号

アシストライン:フロント/マリンアシストシリーズ PC#25、#30
リア/マリンアシストシリーズ DC#25、#30 

リング 
フィッシングファイターズ鉄腕WDソリッドリング#5.5#6.0
鉄腕スプリットリング High tenacity type#5.5




(庵 英晃)

0 件のコメント:

コメントを投稿