2017年12月28日木曜日

2017年12月24日 山形酒田沖 鰤ジギング ラスト釣行 酒田大浜・Kou[小野田 正浩]



1224日(日曜日)酒田大浜港出船 遊漁船KOUさんにお世話になり今年最後の鰤ジギングにチャレンジしてきました。

12月も後半に入り東北地方の鰤ジギングもいよいよ終盤戦に突入してきました。出船さえ出来ればまだまだ脂が乗ったこれぞ寒鰤と言うサイズにも出会えるチャンスはあります。

この日は、大浜港を6308名のアングラーを乗せ出船、30分程の航海でポイントに到着、先ずは70mからスタートフィッシング、スイムバード220gをセットして誘って行きます、潮は流れている箇所もあるが全体的には流れておらず、複雑な潮です。何度か流し直すが魚からのコンタクトは有りません。

そこで、今度はジグをスイムライダーショート175gにチェンジします、スライド幅を抑え頭を左右に振るようなイメージでロッドのティップを使いジャークしていきます。

すると、ボトムから10m位の所で待望のヒット!
適度なプレッシャーを掛けながらも身切れしないように慎重にファイトし上がって来たのは6キロクラスのワラサ!


スイムライダーショート175g(リメイクカラー)

スイムライダーショートの使い方としては捕食してるベイトが小さい時、そして当日の様な潮がハッキリしない時、ジグを追っているが口を使ってこない低活性時など「特殊な環境」の時に特に力を発揮してくれるジグだと思います。


その後、同じパターンがはまり5バイト3キャッチ(真鯛2匹)と魚からのコンタクトを得ることが出来ました。


午後からは潮が多少変わり何時ものハイギアタックルにスイムバード170g(グローヘッド)を使い同じパターンで7キロクラスのワラサを追加して納竿となりました。
(午前中はローギアタックル)





この日は全体的に渋い1日になりました。ですが、タックルバランスとジグの使い分けで渋いながらも魚からのコンタクト得る事が出来ました。

2017年はこれが最後の釣行になります、今年もフィールドレポートをご観覧頂き誠にありがとうございます。


今年も沢山の方に出会い沢山の事を学ばせて頂きました。ありがとうございます。
2018年も出来るだけ旬な情報を発信して行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは皆様良いお年を!

タックルデータ
ロッド リップルフィッシャー セルフィシュ613s
リール ソルティガZ6500EXP
ライン PE 3
リーダー フロロカーボン40lb

ロッド MC Works RF612LR
リール ステラ10000XG 8000スプール
ライン フィッシングファイター ワイルドエイト バーティカルPE3
リーダー フロロカーボン40lb

ジグ 鉄ジグシリーズ
スイムバード170220g
スイムライダーショート175g
ディープローバー310g


(小野田 正浩)





(小野田 正浩)


0 件のコメント:

コメントを投稿