2017年12月26日火曜日

2017年12月22日 京丹後沖ブリジギング スイムライダーショート205g オーシャンズ[岡本 和朗]




12月22日(金)、京丹後市網野から出ているオーシャンズさんにお世話になり、丹後沖のブリを狙いました。

この日の海況は、朝から波も風も比較的穏やかな感じでした。
同船したお客様が幅広く多くの鉄ジグを使ってくれていて、嬉しく思います。


丹後沖の緩い潮流に合わせたウィグルライダー、スライドバックフォールに特徴のあるディープローバーがセレクトされていました。


朝イチのポイントは、網野沖60mからスタートしました。
アングラーが5人と少なくドテラ流しで広く探りますがなかなか釣れません。
早々に網野沖140mラインに移動。

船に入ってくる情報を聞いていると、他の船はぽつぽつメジロ、マダイなどが上がっている感じですが、なぜか当船にはアタリがなく、移動間際に他のアングラーに鰤がヒットしたのみに留まります。

昼過ぎに、白石グリよりも東に位置するポイントの冠島に移動。
船長によれば、「白石がまったく駄目なのでそこでハマチ狙い。運がよければ鰤、メジロ」といった感じとのことです。

冠島で再開すると、ハマチが掛かり始め、そこそこ数が上がるように。
この時期、脂を蓄えて美味しいハマチはうれしいお土産になります。

夕方の時合で白石グリに移動。
一発逆転の鰤を狙います。

白石グリ水深95mでドテラ流し。ここ最近ベイトが小さくて食いが悪い状況。私が選択したのはスイムライダーショート205g。

潮の流れはないですが、多少風が吹いているため船が流れていきます。ラインが160mくらい出されたので、入力を強めに大きくワンピッチジャークで誘うと見事にヒット。しかし、重いだけで引かないので「スレかな?」と思いながら巻き上げます。上がってきたのはメジロ、ハマチのツインヒットでした。

日がだいぶ傾き始め、水平線にかかり始めたころに沖上がりとなりました。



ここ最近の傾向として、ベイトサイズが小さく食いが渋いと感じることがあります。そんな、スモールベイト時に有効なカラーがグローヘッドではないかと思います。頭だけを光らせてだますイメージです。ベイトが小さいパターンでは有効な感じがしています。


使用タックル
ロッド MCワークス DE602LR
リール ツインパワー 8000HG
ライン PE3号 リーダー50ポンド
ジグ 鉄ジグ ウイグルライダー190g、スイムライダー230g、スイムライダーショート205g

鉄ジグ製品情報

京丹後・網野 オーシャンズ

(岡本 和朗)

0 件のコメント:

コメントを投稿