2016年10月9日日曜日

SPINRIDER“DEEP”(仮名)TEST 六ケ所沖[柳 賢太郎]


来年の発売に向け、精力的にフィールドテストを重ねているプロトジグのフィールドテストの模様をお伝えします。

この日のフィールドは、鉄ジグを設計製造している自社工場から程なく近い、青森県六ヶ所村 尾駮漁港から出船のビッグオーシャン号にてテスト釣行を行いました。


 今回テストするジグは、仮称「SPINRIDER DEEP
現在、ライトジギングカテゴリーである鉄ジグ スピンライダーをよりスローピッチに最適化したモデルです。


テストモデルは、現在150/180/250/320gの4ウェイトです。


私はこの日、250gを集中的に使用し、フォールスピード、フォール姿勢、スライド、そして魚の反応をチェックします。

この日は水深が5060mの漁礁がメイン。
この時期、浅い漁礁にはヒラメ、根物などの底物や青物が付いていおり、同時に狙うことが出来ます。
水深の割りに250gは重く感じられますが、そこはやはり鉄ジグ。抜群の浮遊感で軽快に泳いでくれます。




アイアンキャット6220Bに1巻き80cm程度のベイトリールをセットしてのハーフピッチでは、約50cm程度の安定した横スライドを見せ、鉄ジグ独特のホバーリングからの水平フォールで魚にしっかり見せることが出来ます。
スライドのスピードは緩やかで、遊泳力の低い底物にもしっかりアピールできている様に感じました。

ヒラメの70cmオーバーを筆頭に、小型ながらイシナギや、アイナメ、青物など、全て250gプロトで釣り上げる事が出来き、魚からの反応は良好に感じました。









代表的なスローピッチ系ジグと比較し、鉄ジグの特性上、横方向へのスライド距離が長くなる傾向はありますが、遊泳力の高い青物やヒラメ、比較的大型の根物には有効に感じられます。








今後も様々なフィールドでのテスト釣行を予定しています。
引き続き、テストの模様をアップしたいと思います。

タックルデータ
ROD
NatureBoys
IRONCAT ICNB-6220B

REEL
SHIMANO
OCEA CONQUEST301HG

LINE
PE#2  フロロリーダー35lb

LURE
SPINRIDERDEEP”(仮名)250








0 件のコメント:

コメントを投稿