2017年7月18日火曜日

2017年 梅雨明けの久米島キハダゲーム[柳 賢太郎]


人気が再沸騰している久米島のパヤオ周りでのキハダマグロジギング。
近年ではベイトタックルを駆使しフォールを多用するスローピッチスタイルで新たなパターンを確立し実績が上昇中です。



7月7日 大潮
出船はAM700
目指すは4番パヤオ。
船長の話しでは、昨日の釣果はいまひとつで調子は下り気味とのこと。
出港後、約1.5時間走り、大海に浮かぶ4番パヤオに到着します。既に餌釣りと思われる船も入っていました。


我々3名のタックルはスピニングタックルをメインとしたオーソドックススタイルをベースに、魚からの反応に応じてベイトタックルも組み込みます。



船長の指示棚は80120mが多く、展開の速いスピニングタックルでのワンピッチワンジャークにて反応のある50m間をテンポよく探ります。



このパヤオ周りで何回か船を入れ直ししながら、カツオ、ツムブリなど沖縄らしい魚を釣り上げましたが本命からの反応は得られずポイントを移動となりました。



次のポイントは水中パヤオ。水面下60mほどにパヤオのトップがあります。
時間は正午を過ぎたあたりで、岩田さんに待望のビッグバイトが訪れます。
高速で唸りを上げるドラグ音は間違いなくキハダマグロであることを証明します。



ファイト開始後10分ほどで魚体が見えましたが、30kgはありそうなキハダマグロはまだ余力を残しており、そこから3040mドラグを搾り出します。




30分ほどでキハダマグロが水面に姿を現し、無事ランディングとなりました。


アングラー岩田様  キハダマグロ35kg 


RODNatureBoys IRONWHIP IWNB-594
REELDAIWA SALTIGA5000
LINEPE4 / LEADER 80lb
LURE:JIG SWIM RIDER SHORT 175gアルミシルバー

ジャークは入力を抑え鉄ジグの浮遊感を活かしたワンピッチワンジャークでのHITでした。

その後さらに船を何度も入れ直しながら水中パヤオ周りを攻めます。
すると、NatureBoysスタッフ下中IRONBOWがぶち曲がります。
猛スピードで出て行くライン。ドラグ音が船中に響き渡ります。


IRONBOWのトルクを活かし、ロッドを曲げこみ魚にプレッシャーを与え続けます。


15分~20分ほどでリーダーが入り、大きな魚体が悠然と弧を描きます。


ランディングの準備をしている船長からは、「40kgはある!まだまだ魚は弱っていない」とのこと。


船長のいうとおり、マグロはそこから50m走り膠着状態となり、そこから45分、一進一退の攻防となりました。再び、魚体が見えるところまで浮かせ、魚体が回りだします。リーダーが入ると思われた瞬間、残念ながらラインブレイクとなってしまいました。


この日のドラマはこれで終了となり、その後キメジやカツオを追加し初日目が終了となりました。

夜は釣れ立てのキメジとカツオのフルコースを頂き、明日への英気を養います。





岩田さんが一押しの釣れ立てキメジの刺身はモチモチ食感で最高の食味でした。





78日大潮
この日が泣いても笑っても最終日。
いまだ本命のキハダマグロを釣っていない私は若干の焦りもありました。
ここで、より食わせを意識し、タックルを落としスローダウンするといった方法もあったのですが、
昨日の40kgクラスのキハダマグロの姿、ファイトを目の当たりにし、万が一50kgクラスが来ても、捕れるタックルにと、6号が巻いてあるスプールへとチェンジします。



2日目が始まり、沈黙は続きます。
潮も流れず、活性が低いためか、指示棚は昨日より深い120m~180mがメインとなります。
6号の太糸を入れてしまったことが失敗に思えましたが、鉄ジグを信じてやり通します。
鳥山が近づくと、深いレンジのジグへも反応が見られ、カツオ、キメジがヒットします。
小さくても、釣れるとやはり嬉しいものです。


ポイントを大きく移動すると、昨日のヒットタイムだった正午過ぎになり、集中力が高まります。
すると、私のロッドに引っ手繰られるようなバイトがあり、アワセを入れると高速でドラグが出て行きます。水深120mあたりからファーストランで30m~40m程出されたあたりで止まりました。


パパ大津留氏がプロデュースしたTHE KIDUPPERSブランドのロッドIRONWILL595PFを曲げこみ、ロッドのトルクでグイグイと寄せます。魚の頭の向きが上を向いている状態が続き楽に寄せられます。昨日見た岩田さんや下中の魚体と比較すると小型ではありましたが、船長のギャフも一発で決まり、無事ランディングに成功。


アングラー NatureBoysスタッフ キハダマグロ22kg


RODTHE KIDUPPERS IRONWILL IWPS-595+PF
REELSHIMANO STELLA SW10000PG14000スプール)
LINEPE6 / LEADER 100lb
LURE: 鉄JIG Current Rider180g セサミシルバー

ようやく本命のキハダマグロを釣ることが出来、一安心でした。

その後、時合と思われましたが、バイトは遠のき、空港前のリーフエッジでGT狙いのキャスティングゲームをしましたがノーヒットに終わりストップフィッシングとなりました。



今回は使い慣れたスピニングタックルをメインとしたゲーム展開で何とか全員ヒットまでは持ち込めました。しかし、状況に応じてスピニングタックルでのスピーディーな広いレンジの攻略、ベイトタックルでフォールを意識し、狙いを定めたレンジでのゲーム展開を選べることにより、さらにゲームの幅が広がると思います。今回、ベイトタックルではHITに持ち込めませんでしたが、次回の釣行では鉄ジグの得意な水平フォールを活かし更なるヒット、釣果アップに繋げたいと思います。


岩田氏タックル
RODNatureBoys IRONWHIP IWNB-594
REELDAIWA SALTIGA5000
LINEPE4 / LEADER 80lb
LURE:JIG SWIM RIDER SHORT 175gアルミシルバー

下中タックル
RODNatureBoys IRONBOW IBNB-575
REELSHIMANO STELLA SW10000PG
SPOOLNatureBoys RPS SPOOL SYSTEM
LINEPE4 / LEADER 80lb
LURE:JIG  Current Rider180g 180gアルミシルバー

タックル
RODTHE KIDUPPERS IRONWILL IWPS-595+PF
REELSHIMANO STELLA SW10000PG14000スプール)
LINEPE6 / LEADER 100lb
LURE: 鉄JIG  Current Rider180g セサミシルバー


※アシストライン、金属リギングパーツ全てFishingFighters

(柳 賢太郎)

2017.04.29~05.03 五島列島ヒラマサ遠征で20.9キロ 長崎・ステータス [下中 桑太郎]


429日~53日、長崎・ステータスさんにお世話になり五島列島のヒラマサを狙いました。今回は、先輩と仙台の皆様の春の遠征ツアーにまぜていただき、計3日間投げ倒すプラン。事前情報では20キロ級を交えて数上がっているとのことで期待が高まります。

DAY 1

429日、仙台の皆様と合流して羽田空港から長崎空港へ向かいます。


長崎空港からはレンタカーで長崎市内まで1時間ほど。
夜景の有名な長崎市内を望める宿泊施設へ。


夜の宴には長崎の地物を含んだ宴に舌鼓を打ち、眠りにつきます。

DAY 2 実釣1日目


翌日午前4時過ぎ、長崎湾小瀬戸町の坂下釣具さんそばの船着場へ。
遠征慣れした仙台の皆様のチームワークであっという間に準備を整え、出船。
女神大橋を抜けて、いざ五島列島へ。


釣り座のローテーションをしながら、すかさずルアーチェンジできるようにジグ、プラグ類はルアーボックスアベレージに収納。全速力で走る船上でもすべり止めのゴムがついているので安心です。

宇久島の横を抜けて、古志岐三礁へ。



キャスティングでひと通り探った後、ジギングに移行します。


早速、ヒットに持ち込んだのは後藤さん。



早くも本命のヒラマサをキャッチします。

ここぞとばかり私もシャクっていると、ヒット!
ヒラマサかと思いきや、この時期は珍しいとされるワラサでした。


続けて、カレントライダー220gでどうにか本命をキャッチします。



先輩はこの間にもヒラマサを連発しています。ボトムからワンピッチ、ワンジャークで丁寧にジグに潮抜けを与えるアクションがいいようでした。



各自5、6㌔級のヒラマサをキャッチし、この日は宇久島の藤屋旅館さんへ。
五島のヒラマサと、鯨ベーコンなどを肴に英気を養います。



DAY 3 実釣2日目

5時に宇久島を出船し、古志岐島周辺へ。


朝イチのキャスティングで伊藤さんにビッグバイトが訪れますが、惜しくもバラシ。




日が上がってしばらくすると、北側のポイントへ向かいます。
潮流の具合を見ながらまずはジギング。




右舷トモの堀さんがスイムバード170g(カタクチK)ではやくもヒラマサをキャッチします。ロッドはアイアンレンジナチュラルドライブIRNB-663ND


エキスパートジガー揃いとあって次々と釣り上げていきます!




三浦さんにはブリッとしたブリが登場!





先輩もスイムライダー200g(アルミシルバー)でナイスサイズをキャッチ!
  
さらに、ミヨシ周りの後藤さんにビッグバイト!

スイムバード130g(プロショップモギ別注カラー)を入力抑え気味のジャークでアクション。9㌔級のナイスサイズをキャッチします。



また、伊藤さんは誰よりも数多くのバイトを引き出していました。
魚を引きつけるアクションを完全にパターンとしていたように感じます。

DAY 4 実釣3日目

午前5時前に宇久島を出港。
古志岐島を周辺目指します。

3日目はいままでの南向きの風に対して、北向きの風となり風と潮の向きが一致して流しが決まりやすい状況に。船長、アングラーともにここまでビッグワンが出ていない状況で気合が入ります。


朝2番目のローテーションで私がミヨシに入るタイミング。
水深0~5mの根周り際を通すコースで流しが決まります。
根の潮下にサーフィッシュポローニア220Fをキャストし、水中でしっかり水を噛むように強めにミドルジャーク。独特のローリングアクションでアピールを狙います。
3ジャーク目、ルアーがまだ水中にあるタイミングに一気に持っていかれるバイト。

一瞬、何が起こったのか分からないほどの引き。初期ドラグ11キロほどに設定した18000PDスプールからPE8号が引き出されます。

朝長船長から「水深5m、スプールを押さえて!耐えて!」と声が掛かる。すぐに船が急後進、潮流に乗ったヒラマサの引きと船の推進力で体を持っていかれそうなところを堀さんがバックアップしてくれます。


四苦八苦しながら船べりまで寄せてきたのは太い魚体のヒラマサ。


初めての8号タックルでのキャスティング。体力的、状況的に苦しい時間もありましたが、3日目に運よく20.9キロヒラマサを釣り上げることができました。
船長のフォロー、先輩のアシストでどうにか上げた1尾でした。ヒットルアーは、サーフィッシュポローニア220F


前回の取材で、GT用トレブルフックを伸ばすほどの魚に遭遇したため、今回は船長推奨のシングルフックを装着(クダコ7/0)。フッキングもしっかり決まっており、ファイト中も安心感がありました。

その後、1時間ほどしてさんにヒット!



安定したファイトでキャッチしたのは軽く10キロを越すヒラマサ。



ヒットルアーは、サーフィッシュポローニア220F.(サンマカラー)。
塗装強化バージョンver.3(本ルアーは一部ロットに強度不足があるため、現在塗装強化バージョンver1~4をテスト中です)

その後、潮流の緩い時間帯に水深1530mのシャローで、船を流しながらキャスティングを続けます。



何度も伊藤さんがバイトを引き出しますが、惜しくもバラシ。

最後の最後の流しで決めたのは三浦のアニキ!
バラシが頻発する食いの浅いバイトが頻発するなかでキャッチ。
キャスティングでヒラマサをキャッチしました。



朝長俊輔船長、アテンドいただいた 賢太郎先輩、三浦のアニキ、堀さん、後藤さん、伊藤さんありがとうございました!!



最終日は、長崎市内で名物の一口餃子に舌鼓を打ち、帰路に就きました。


BOATSTATUS.
新しいホームページです!


キャスティングタックル
ROD:AM711HH
REEL:18000HG18000PDSPOOL
LINE:PE8SpinningKnotterReverseで5cmPR結束)
LEADER:SanyoNaylon170lb
LIG:FISHINGFIGTHERS TETSUWAN SUS Swivel 1/0,TETSUWAN Spritring8/0
HOOKshout! Ringed kudako7/0
LURE:SURFISH Pawlownia220F

ジギングタックル①
RODIRONRANGE IRNB-663QD(クイックドライブ)
REELSTELLA8000HG
LINEPE4号 フロロリーダー50lb 4ヒロ~5ヒロ
JIG:スイムバード130170g グローヘッド
  スイムライダー150g シャイニンググロー
HOOKIRONHOOK SS/

ジギングタックル②
RODIRONRANGE IRNB-663ND(ナチュラルドライブ)
REELSTELLA10000PGRPSスプール8000Sボビン)
LINEPE4号 フロロリーダー50lb 4ヒロ~5ヒロ
JIG:スイムバード130g、カレントライダー150g グローヘッド
HOOKIRONHOOK ST3/0

金属類 全てFishingFighters WDリング&SPリング

アシストライン FishingFighters マリンアシストBlack PC40

(下中 桑太郎)