2017年3月16日木曜日

早春の玄界灘でスイムバード炸裂![お客様]

2016年のネイチャーボーイズカップイン八丈島にご参加いただいた河本直樹様より玄界灘遠征レポートをいただきました!八丈島にて同船したご縁で遠征を楽しまれているとのことです。今回は、お誘いをいただきスタッフ柳が同行させていただきました。


20173月某日、通算5回目の玄界灘遠征。
今回は以前から約束をしていたネイチャーボーイズスタッフ柳氏に特別参加して頂いた。
初日は、唐津より出船の遊漁船、立蔵さんに乗船。
朝一は壱岐周りのヒラマサキャスティングを行うが、反応がないため七里が曽根へ。七里が曽根では、魚探の反応も良く、自分はスイムバード150gグローヘッド、他のメンバーは、カレントライダーやスイムライダー、鉛製ジグを使い、56キロのワラサを疲れない程度のペースでヒットさせていた。




柳さんは、スイムバード170g(グローヘッド&カタクチK)で、自分達の3倍ぐらいのペースで次々とヒットさせる。ブリワラサに効果的な鉄ジグの操作方法を見せてくれた。
圧巻は、スイムバード170gグローヘッドを丸呑みにした10キロクラスのヨコワまで釣り上げ、鉄ジグの持つポテンシャルの高さを改めて痛感させられた。



途中ブリナブラを狙いキャストしていると、船長から、もうすぐ瀬の端だからヒラマサ出るかもよ〜と教えて頂いた後の2投目に、ヒラマサが自分の小型ペンシルを襲った。フックがST66-1/0のため無理せず慎重に寄せ、なんとか5キロクラスのヒラマサをキャッチ。まさに凄腕船長の読み通りの展開となった。


オホーツクの実力者、大林さんも初参戦ながらテンポ良くワラサを釣り上げ、更に人生初めてとなる良型のマダイをカレントライダー180g釣具の店オホーツク限定カラーで釣り上げた。


昼食は船長より、タレが絶品ブリ漬け丼、立蔵名物のアジすり身汁が提供され、冷えた体には、本当にありがたいサービスであった。




後半戦に入り、船長よりそろそろ「ヒラマサポイントだよ〜」と指示が入った数投目に、今度は柳さんのキャストしていたワタリガラス160Fにヒラマサがヒット。落ち着いたやりとりで10キロクラスのヒラマサをキャッチし、初日は終了となった。船が入れ替わり入るハイプレーシャーな七里が曽根でなかなかトップではチェイスも得られない状況下での貴重なヒラマサだった。




2日目は、初めて乗船する呼子の大充丸さん。
朝一は、壱岐東側から如何にでも出そうなヒラマサポイントを次々とランガンして頂いたが、チェイスがあるのは、柳さんのワタリガラス160Fだけで、やはり低活性時に効果的なことが推測できた。

七里が曽根では、昨日よりもさらにヒット率が高く、高回転なジギングでワラサブリを次々と釣り上げていく柳さん。鉄ジグの中でも、最もドテラに適していると認識していたスイムバードであるが、本当に上手な人が使うと、こんなにも釣れるジグなのか!と驚愕した。


この日の最大サイズは、大林さんで9.5キロ(スイムライダー180gブルピン)。風邪による体調不良で、本来の実力を発揮出来ずとも、しっかりと結果を残した。



関東から参戦の仲間も69キロをメインにブリワラサを数多く釣り上げ、更に玄界灘では珍しいカンパチまで釣り上げていた。メンバー全員が、引きの強いブリを沢山釣り過ぎて、夕方には両腕が悲鳴を上げることになった。








マグロナブラも単発ながら何回か出現し、マグロやヒラマサを狙いながら、遅い時間までキャスティングを繰り返し、今回の遠征は終了となった。

今回、プライベートで参加して頂いた、ネイチャーボーイズスタッフ柳さんの釣りを見られたことは、鉄ジグの持つ素晴らしいポテンシャルを存分に知ることとなり、更に使い方など様々なアドバイスを沢山頂き、今までの遠征よりも最高の遠征となった。

使用したジギングタックル
ロッド:NB アイアンボウ622613
リール:ツインパワーSW8000HG8000PG(14000XG替えスプール)
ライン:オッズポートPE4
リーダー:シーガープレミアムマックス80lb
スプリットリング:鉄腕#6.5
アシストフック:バンフックBBSアシスト#5/0


柳氏 ジギングタックル
ロッド:IRONRANGE IRNB-663ND
リール:STELLA SW8000HG14000スプール)
ライン:PE4号 フロロリーダー60l
リング類:FishingFighters 鉄腕WDリング#4.0、スプリットリング#6.5
フック:がまかつ バーチカルヘビー#5/07/0  他
鉄ジグ:SWIMBIRD170~220g

ロッド:IRONRANGE IRNB-663QD
リール:STELLA SW10000PG14000スプール)
ライン:PE3号 フロロリーダー50l
リング類:FishingFighters 鉄腕WDリング#4.0、スプリットリング#6.5


フック:がまかつ バーチカルヘビー#5/07/0  他
鉄ジグ:SWIMBIRD170~220g

(河本 直樹)

2017年3月14日火曜日

長崎ステータスにて10キロ超ヒラマサ。SURFISHPAULOWNIA220F[朝長船長]

3月中旬に入り、長崎STATUSの朝長船長から10キロオーバーのヒラマサが42バイト船中全員キャッチと釣果情報が入りました。写真は、SURFISH PAULOWNIA220F(サンマ・塗装強化バージョン)での10キロオーバーです!



(STATUS・朝長俊輔)

2017年3月6日月曜日

2017年始動 [親方(竹下恵介)]

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、自身の体調不良やオイスターBARを始めたりで、約2年程、お休み期間を頂いていました。そして、今年より、また復帰しましたので皆さまにご報告させて頂きます。

休みの間も、もちろん鉄にはこだわり続けていました。
そんなお休み期間中の釣果を簡単に少し。


2016、春 対馬にてヒラマサ13kg
アイアンウイップ622
スイムライダー180gシルバーホロ


2016、初夏 御蔵島にてカンパチ25kg
スイムバード220gカタクチK



2016、夏 相模湾にてキハダ16kg
サーフィッシュツナバージョン
これからも「鉄」にこだわって行きますので宜しくお願い致します。



今年は更なるBIGFISHを目指して様々なフィールドに出向く予定です!


竹下 恵介(親方)

2017年2月10日金曜日

鉄ジグ、スイムライダー180gグローヘッドで10.1kgヒラマサ[八木 貴弘]

1月22日、外房新勝丸様にてフィールドモニターの八木氏が、スイムライダーグローヘッド180gで見事10.1キロのヒラマサをキャッチ。おめでとうございます!
200g前後のやや重めの鉄ジグがハマる!?シーズンです。
新勝丸様HP









宮城県雄勝沖の底物ジギング[千葉 勝彦]

2017年1月29日 大潮
釣船 宮城県雄勝町魚心

当日はここ最近では珍しく凪で釣り日和。
ここ最近、定置網や底曳網に真鱈入り始めたと言う情報が入り、期待して船を30分ほど走らせ最初のポイントへ到着。
水深は90m。スイムバード170g カタクチKをセットし、ボトムをとり1/4ピッチでジグを操作すると底から10mのところでバイト。
最初の1匹目は20cm程のオキメバルでした。
他の人達もオキメバルやマゾイ、スケトウダラがコンスタントに釣っています。
しかし、肝心の真鱈が1本も出ない状況が続きました。
ジグをスローライダー135gにチェンジします。
この日はスケトウダラのほかに小型もサバも良く釣れ、それがベイトとなっている様で、全体的に魚が20m程浮いてる状況でした。

海の中をイメージしながらジグのレンジを上げ、ボトムから20m程のところでバイト。
今度は今までに無い重量感で、アイアンCATが根元から曲がります。



上がってきたのは待望のマダラ。7kgオーバーでした。

その後黒ソイ狙いで水深は約70m程のポイントへ移動。
ジグをスピンライダーピンクヘッド125gにチェンジします。
黒ソイはジグのフォールに良く反応する魚なので、鉄特有の比重の軽さを活かしたスローフォールで誘うとHIT。狙い通りの黒ソイでした。




その後もう一匹追追加し沖あがりとなりました。
本命のマダラは1匹しか釣れなかったですが、スケトウダラ、クロソイ、オキメバル、マゾイ、アイナメ、サバと8目達成し充実した1日でした。
これからの時期、マダラもどんどんシャローにさして来ます。
産卵後、体力回復の為にシャローエリアでベイトをたらふく食ったコンディションの良いマダラを狙ってまた釣行を重ねたいと思います。
             

ROD
アイアンCAT ICNB6220B

JIG
スイムバード   カタクチK 170
スローライダー  ブラックファイアー 135
スピンライダー  ピンクヘッド 125

接続金具 

FishingFighters 鉄腕シリーズ

(千葉 勝彦)